オアシス
a0035294_851202.jpg荒涼とした砂漠が
どこまでも続いていて

それは

心の底が
しんとするような

そんな景色だった


そんな中に
緑があった


ゾウも
バッファローも

みんな
どっぷりと水に浸かっていた


とても
しあわせそうだった







   +
    キリマンジャロの麓の
    アンボセリ国立公園では、
    どんどんオアシスが
    失われているそうです。
    以前は雨季になると出現していた
    アンボセリ湖も、
    今ではもう見られなくなっているそうです。
    温暖化の影響で、
    キリマンジャロに、
    雪が降らないからなのだそうです。
    ケニア山の麓でも、
    森が死んでいくのを見ました。

    この冬、もう一枚、服を着ようと思いました。
    そして、暖房の設定温度を、
    少しでも下げようと思いました。

    ゾウやキリンやシマウマやライオンや、
    ガゼルやヌーも、鳥たちも虫たちも樹々も、
    私たちと同じに、
    地球に暮らしているのです。

    「温暖化」は遠い世界のお話ではなく、
    未来に影響与えるものでもなく、
    今、この地球の上で、起こっているのです。
    原因を作っているのは私たちで、
    今日も命が失われているのです。
[PR]
by shining_raindrops | 2006-11-16 09:19 | 旅の風景










<< 命を生きる。      雨が来た >>


雨粒通信
ごぶさたしております。

'13/01/15


++++++++

『光る雨粒』をご訪問頂き、ありがとうございます。とても気紛れに更新しているため、頂いたコメントへのお返事が遅れることがありますが、ご容赦下さい。リンクはご自由にどうぞ。
最新のトラックバック
半どんフル活用
from 北の夢想科学小説
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧