カテゴリ:こころの風景( 15 )





あなたと出逢って
a0035294_14234767.jpgあなたと出逢って

死ぬのが
怖くなりました。


あなたと離れたくないと
あなたを残して逝けないと

そう思うようになりました。


自分を
大切にできるようになりました。


あなたが
大切にしてくれるから。


ありがとう。
[PR]
by shining_raindrops | 2008-06-30 14:26 | こころの風景





空を飛ぶ
a0035294_13173218.jpg弱虫で泣き虫の私を
私のままで抱き締めてくれて
ありがとう

何も言わず
けれど伝わってくるのは
深いぬくもり

あなたと生きるということは
途方も無い奇跡
どれほど強いことか
どれほど安らぐことか
そして
どれほど愛おしいことか

たくさんの偶然と
二人の生きてきた道のりが
ここに導いてくれた

弱虫で泣き虫の私でも
それでもいいんだ
あなたが見ていてくれるから
私は私の空を飛ぶ
[PR]
by shining_raindrops | 2007-07-19 13:20 | こころの風景





見上げた空の分だけ
a0035294_9102723.jpgあなたと
わたし

ゆっくり
のんびり
歩いたね

いつの間にか
もう一年


たくさん
空を見上げたね

時々は
一緒に見たり

離れたところから
見上げたり

それでも

少しずつ
近付いたね


明日のことは
よく分からないけれど

でもね

きっと
あなたが好き
[PR]
by shining_raindrops | 2006-04-20 09:28 | こころの風景





無題
a0035294_11335430.jpg

許されて在るこの命を
精一杯燃やせているのでしょうか

わたくしという
この宇宙の細胞は
眠れる脳細胞と同じぐらいに
その存在の意味は不確かで

それでもきっと
許されて在ることの意味は
どこかにあるのでしょう

そんな命を
精一杯燃やせているのかと
いつも不安になるのです

強く
そして美しく
この命を消費できているのでしょうか

そう問い掛けながら
今日も一日を生きるのです
[PR]
by shining_raindrops | 2005-07-13 11:39 | こころの風景





深海
a0035294_13561040.jpg光を呑む深い海の底で
その音と出逢った

瞬間
海は
ほんの少し揺らいだ

揺らぎは
やがて
微かな流れに転じ

この手は
一片の光を探る

指先に触れるものが
虚無であったとしても

その想いは揺ぎ無く

内なる場所に芽生えた光は
前進を産む

海の底に
闇がこだまするのさえ

もう恐れずに
[PR]
by shining_raindrops | 2005-02-09 13:54 | こころの風景





雪原の風
a0035294_15212983.jpg雪原を駆けた
孤高の風は

止まるところを知らず
その場所を追い求め

真直ぐに
戸惑い

自らの
その眩しさにさえ気付かずに

高みを目指して
清しく駆け

風に
攫われたこころが

わたしの内から
遠く離れた
[PR]
by shining_raindrops | 2005-02-07 16:14 | こころの風景





無題
a0035294_2337830.jpg息をするたび
こころは地球に融けだして
もう嘘も吐けない

この手に
溢れるほど持っているものを
泣き出しそうなこどもや
生きることに疲れた樹や
空を映せなくなった海や
わたしの愛するものたちに
全て差し出そう

自己満足ではなく
ほんとうに
こころが軽くなるなら

あの空を
得ることが出来るのなら
[PR]
by shining_raindrops | 2005-01-17 23:42 | こころの風景





無題
a0035294_22304417.jpg細胞は
打ち震え

宇宙を
風が巡る

遠くから
また遠くへと

空気を
ぐしゃぐしゃ撹拌し

そしてまた
果てしなく

容赦無く

細胞の隙間に
風は吹き込み

それでも残ったこの感情は
わたしだけのもの
[PR]
by shining_raindrops | 2005-01-07 22:33 | こころの風景





ライバル
a0035294_14525388.jpg他人の失恋話を聞きながら
泣かないあなたがふいに見せた
ただ一度きりの涙

そのあまりの美しさに
あの瞬間
あなたには
敵わないことを悟った
[PR]
by shining_raindrops | 2004-12-21 14:56 | こころの風景





透明になって
a0035294_23513847.jpg透明になって
透明になって

わたしは
どこまでも透明になって

青の中に紛れ込み
薄桃の中に紛れ込み

透明な目で
透明な耳で
真直ぐに見聞きし

透明な口に
言葉は要らず

透明な手は
何も欲せず

透明なこころで
ただ全てを抱き締めたいのです

無心に広がる
この空のように


[PR]
by shining_raindrops | 2004-11-18 17:51 | こころの風景










    


雨粒通信
ごぶさたしております。

'13/01/15


++++++++

『光る雨粒』をご訪問頂き、ありがとうございます。とても気紛れに更新しているため、頂いたコメントへのお返事が遅れることがありますが、ご容赦下さい。リンクはご自由にどうぞ。
最新のトラックバック
半どんフル活用
from 北の夢想科学小説
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧