冬の日のベンチ
a0035294_22441528.jpg公園で、
ひとりぼっちのベンチが、
日向ぼっこをしていた。

鳥たちの姿は無く、
いつもの老人も、
今日はまだ来ない。

落ち葉が、
カラリとした
音楽を奏でる。

冬の太陽は弱く、
それでも
あたたかな光で、
ベンチを包んだ。

ベンチは思った。
太陽が翳らぬうちに
老人がくればいいと。

今日はもう少し、
待つ事になりそうだ。
[PR]
by shining_raindrops | 2004-12-12 22:44 | 日々の風景










<< 月光      ジュウイチガツザクラ >>


雨粒通信
ごぶさたしております。

'13/01/15


++++++++

『光る雨粒』をご訪問頂き、ありがとうございます。とても気紛れに更新しているため、頂いたコメントへのお返事が遅れることがありますが、ご容赦下さい。リンクはご自由にどうぞ。
最新のトラックバック
半どんフル活用
from 北の夢想科学小説
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
今日の詩
from 果て
ライフログ
カテゴリ
以前の記事
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧